かわいい犬服を作ろう!

失敗しない犬服の作り方

失敗しない犬服の作り方 犬にも個性があり、体型も違ってきます。
そのため既製品の犬服では満足できない、という人もいると思います。
そんな悩みには犬服を手作りすることによって改善できます。
失敗しない作り方としては、ごまかしの利くニットやTシャツなどの伸びる素材を使った人間の子供用の服を用意します。
犬の胸の幅を採寸し、2で割ります。
用意したTシャツなどの素材に幅の線を左右それぞれの脇から線を引いて、内側に1.5cmほどの縫い代をとります。
襟や袖を分解し、いらない部分をカットしたら、縫い代をミシンで縫っていき、端を処理します。
背中を輪にして待ち針を打ち仮止めしたら、印に合わせてミシンで縫っていきます。
背中を輪にしてたたんだら、犬の体のサイズにあった犬服をかさねて裾ラインを写してカットし、分解した裾と犬服の裾に止めたらまたぬいます。
犬の足の長さに合わせて、裾の線を引いて、カットしこれも縫い合わせます。
最後に首周りにゴムを入れて縫って完成です。

犬服の型紙を用意する

犬服の型紙を用意する 愛犬のワンちゃんをひと際コーディネートさせる、犬服のアイテムがあります。
人間と同様に着飾ることができ、飼い主との一体感を生む効果があります。
こちらの服はペットショップより販売されており、年間に数十万着販売されるほどの人気ぶりです。
犬用と侮るなかれ、カジュアルな服の他にも雨具やパジャマ・袴や浴衣にまで及んでいます。
最近の犬服には、虫よけやクールビズといった機能美にも特化しており、ペットブームは収まりそうにもありません。
しかし、自前で犬服を作りたくなるのは、愛犬家としては当然の愛情表現です。
ワンちゃん用の服を作るにあたっては、型紙を用意するところから始めなくてはなりません。
型紙とは、形を作り出すことを目的とした紙のことで、ここでいう形とはワンちゃん用の服にあたります。
服の作り方には、紙にならって生地をサイズに合わせて切っていき、裁縫することで完成します。
型紙は、ペットショップの通販でお買い求めることができますが、中にはダウンロードできるサイトも存在します。