かわいい犬服を作ろう!

寒い日はアウターを着せよう

寒い日はアウターを着せよう 人間はムダ毛が生えているとは言え、洋服で体温調節できますが、犬はそう言うわけにはいきません。
毛で覆われていれば良いですが、そう言う犬種ではない場合は人間と同じようにかなり寒がってしまうこともあります。
気温がかなり低いと感じたら裸で散歩に連れて行くのはやめましょう。
病気になるといけないので温かい恰好をさせませんか。
犬服の種類がとても豊富なので、寒い日に着たくなるようなアウターを選んでみましょう。

ちゃんと犬の体形に合わせて作られているので、専用のお店などで購入します。
犬服は種類が豊富なので、コートと言ってもオスかメスかによっても違います。
もちろん、自分が飼っている犬の体形に合わせないといけないのでサイズを間違えないように気を付けてください。
大きさも幅広くそろっているのでぴったりサイズが見つかるでしょう。
気温が低く雪が降るような日には、コートを着せて、靴も履いた状態の方が犬だって楽しく散歩できます。

冬は犬服を着て温かくさせれば寒くてもポカポカ

冬は犬服を着て温かくさせれば寒くてもポカポカ 犬は毛皮に覆われているから温かいというイメージがありませんか。
確かにふわふわした毛が全身に生えていることもあります。
しかし、犬種によってはあまり毛が生えていないこともあります。
どこの地域の犬なのかによっても、毛が全く違うのでフレンチブルドッグなどふわふわの毛がないのならば、冬は犬服を着るようにしてください。
靴もあるので、雪の日など特に寒い時には靴を履かせるのも良いかもしれません。

人間だけではなく、犬だってものすごく気温が低い時は寒いと感じます。
もしかしたら、風邪を引くなどするかもしれません。
人間だけではなく、動物だって病気しますから、いつも健康でいられるようにしてあげましょう。
それは、飼い主の役目です。
犬服を着ていれば、気温が低くてもポカポカしているので散歩も楽しいはずです。
たくさんの種類が出ていますので、似合いそうなデザインや温かそうなデザインなどを着せてあげるときっと犬も喜んでくれるでしょう。